Kashのマッスルブログ

新しいことにチャレンジしたい

写真から3Dモデルを作るAutodesk Remakeを使ってみた!

 流行りのポケモンgoをやりつつ、ARアプリケーションを作ろうかなーと思っていたが、

自作の3Dモデルを作るのが大変なのは、どうにかならんか!!!

と思っていました。一般的に3Dモデルと作るのは3DCADとかで、大変。時間をかけなければいけない作業なので。。。。

いろいろサーベイしていると、簡単に写真だけで、3Dモデルを作成してくれるソフトがあるのを発見!!

それが、Autodesk Remakeというソフト。

remake.autodesk.com

 

www.youtube.com

360度の方向から、多数の写真をとることで、3Dモデルが作成できるそうです。

 

これで、自分の身の回りのアイテムを写真によって手軽に3Dモデルにすることができる!便利ですね!!

 

試しに、私も作成してみました。

ガムの箱の3Dモデルを作るために、25枚360度から、このような写真を撮影。

(下にチェッカーボードをひいてありますが、なしでもできました。)

f:id:Kashww:20160918211318j:plain

その後、Autodesk Remakeから、矢印のボタンを押して、3Dモデルをクリエイト!!

f:id:Kashww:20160918213457p:plain

10分後くらい待つと。。。。結構長いっす()。

こんな感じで、3Dモデルができた!!

f:id:Kashww:20160918211704p:plain

こんな風に、メッシュがとれてるよ。。。。感動。

f:id:Kashww:20160918211946p:plain

 このソフトでは編集も可能です。

トリミングして、ガムのケースの部分だけ取り出します。

 最終的には、こんな感じでできました。

いい加減に写真を撮ってしまったために、影がはいっていますね。

以後気を付けます。。。

 

今後、このように簡単に作成できる3Dモデルを用いて、ARアプリケーションを作ろうと考えています!